鶴岡ロータリークラブ 年度計画

鶴岡ロータリークラブ

第2800地区

 

2018~2019年度  目標と活動計画

会長武田 啓之

時代と共に生きるロータリー

今年度会長を仰せつかっております武田です。何かとせわしい一年となりそうですが、本年度一年宜しくお願いいたします。

R I テーマ:インスピレーションになろう

地区テーマ:ロータリーの原点に戻ろう を踏まえ、

2018~2019鶴岡RCテーマ 「時代と共に生きるロータリー」 と致します。

 

今年度は当クラブ創立60周年に当たり既に4月20日と日程が確定しております周年行事がメインイベントとなります。この60周年事業の実施を成功裏に終了できるよう努力して参る所存です。記念事業として敬天愛人碑の隣に徳の交わりに関わる西郷隆盛レリーフを設置します。また、60年という長い歴史を鑑みて今の時代に相応しい形のクラブの方向性を模索し、次年度に繋げていきたいと思っております。

 

まずは、普通に各種行事を実施していきます。

例会に於いては、従来実施して参りました冠例会、社会奉仕活動等を例年通り行って参ります。

ロータリー財団寄付及び米山記念奨学会寄付については地区決議事項通り150$/年人、15,000円/年人とします。友好クラブとは例年通り、冠例会における交流及び周年行事等への参加を通じて関係を醸成していきたいと思っております。インターアクト、ローターアクトについては、今年度大きなイベントはないものの例年通りの対応を図って参ります。地元、他団体行事への参画についても従来通り行って参ります。

会員増強等クラブの運営に関することについては現状以上を目標に進めて行きます。具体的内容については公式行事表をご覧ください。

このページのトップへ